All in One SEO Pack かんたん設定2016

こんにちは。パジェロです。

All in One SEO Packの設定について簡単に解説させていただきます。

All in One SEO Packかんたん設定2016

 
この設定内容はワードプレスのプラグイン「All in One SEO Pack」を使いたいけど「何が何だか、わからない!」という場合に、「こうしておけば、取り敢えず大丈夫」という設定です。

また設定の内容は目的や個人の趣味もありネットの情報も(良し悪しではなく)様々です。従って、あなた自身が「All in One SEO Pack」の項目の内容を理解して設定する以外は(取り敢えず)かんたん設定で大丈夫です。

All in One SEO Pack
「取り敢えず&かんたん設定」の解説

一般設定の全ての項目
1, このプラグインを利用し、すでに募金しています
2, カノニカル URL
3, No Pagination for Canonical URLs
4, カスタム URL を有効化
5, Set Protocol For Canonical URLs
自動 HTTP HTTPS
6, 元のタイトルを利用
有効 利用停止
7, Schema.org マークアップを使用
8, ログの重要なイベント

一般設定を行う部分:以下の項目以外はノーチェック
2, カノニカル URL:チェック
5, Set Protocol For Canonical URLs:自動にチェック
6, 元のタイトルを利用:利用停止にチェック
7, Schema.org マークアップを使用:チェック
項目:1,3,4,8 は、ノーチェック。

ホームページ設定を行う部分:
1, ホームタイトル:主となるブログの「サイトのタイトル」です。
注意:記事タイトルと合わせて60文字目安です。
補足:因みにこの記事は合計71文字です。
2, ホームページディスクリプション:「サイトの説明文」です。
3, ホームキーワード:メインとなるキーワードを1つだけ
注意:最下段のキーワード設定を有効にしないとキーワード設定の欄は出現しないかもしれません。
4, 代わりに固定フロントページを利用する:利用しないにチェック

タイトル設定
1, タイトルを書き換える:利用停止にチェック
2, タグと検索タイトルを大文字にする:ノーチェック
3, カテゴリータイトルを大文字にする(英字のみ):ノーチェック

カスタム投稿タイプ設定
1, カスタム投稿用のSEO:有効にチェック
2, SEO on only these post types:投稿、固定ページにチェック
3, 詳細設定を有効化:有効にチェック

表示設定
1, カスタム投稿タイプの列ラベルを表示:投稿、固定ページにチェック
2, 管理バーにメニューを表示:チェック
3, 上部にメニューを表示:チェック

ウェブマスター認証:空欄でOK
Google設定:空欄でOK

Noindex設定
1, Default to NOINDEX:コンタクトフォームにチェック
コンタクトフォーム欄が表示されない場合は何もチェックしないでOK
2, Default to NOFOLLOW:何もチェックしないでOK
3, Default to NOODP:何もチェックしないでOK
4, NOYDIR デフォルト:何もチェックしないでOK
5, カテゴリーをnoindexにする:チェックしない
6, 日付別アーカイブに noindex を使用:チェック
7, 投稿者アーカイブに noindex を適用:チェック
8, タグをnoindexにする:チェック
9, 検索ページに noindex を使用:チェック
10, 404 ページに noindex を使用:チェック
11, Use noindex for paginated pages/posts:チェック
12, Use nofollow for paginated pages/posts:チェックしない
13, Exclude site from the Open Directory Project:チェックしない
14, Exclude site from Yahoo! Directory:チェックしない
15, Tax Noindex:チェックしない

詳細設定
ディスクリプションを自動生成:チェック
「ディスクリプションを自動生成」以外は全てチェックしない。

キーワード設定
1, キーワードを使用:有効にチェック
「キーワードを使用」以外の項目は全てチェックしない

ここでは、ワードプレスを使いたてでAll in One SEO Packを始めて使う方を対象に取り敢えず「かんたん設定の解説」を行いました。

既にGoogleの「Search Console(旧ウェブマスター)」やGoogle Analyticsをお使いの方は認証コードやアナリティクスIDを入力して、XMLサイトマップの設定と合わせてSEO検証&SEO効果も期待できます。

それらのSEO対策は、基本的に数十記事から100記事を超えるブログになってからでも遅くはありません。ただ、ワードプレスでペラサイトを作って市場調査を行うときは、この限りではありません。

今回の結論
僕個人が推奨する設定の一例です。重複しますがAll in One SEO Packを使いたいけど最初にどう設定して良いかわからない方が対象です。

ご参考までに、こちらでもワードプレスの基本プラグインを紹介しています。