Googleがページランクの表示を廃止

Googleがページランクの表示を廃止しましたね。

Googleがページランクの表示を廃止

2014年から話は出ていましたが2016年3月にGoogleがページランクの表示を廃止を決定、現時点でSEOツールを用いてもGoogleページランクは表示できません。2016年4月上旬の先日まではSEOツールでGoogleページランクの表示を確認できましたが今は表示不可になりました。(2016/4/19現在)

GoogleページランクはSEO指標や目的にされて良い意味では励みにされていたサイト運営者も多かったと思います。一方でブラックハットによるページランクの不当な獲得やパンダアップデート&ペンギンアップデート以前はページランク操作やりたい放題の時期もあったようで横目でアフィリエイターの動きを見ている時期もありました。

本来のサイト運営者があらためて評価される

さて、今回Googleがページランクの表示が廃止されたことについて、何となくですが理解できます。つまりページランクを公表する意味をなさなくなったと言うこと。実際にはGoogleは高度な機能でページランクを測定しています。感覚的には高度な人工知能(AI)によりサイトの一つ一つを(IPアドレスとMACアドレスもネットワーク経由で)人間が目視確認している様子を感じます。それは作為的なSEO対策よりも本来の意味での役立つサイト運営者を正当に評価しようとする試みに感じます。

中古ドメインビジネス | 不正SEOの終焉

一方、Googleのページランクによって中古ドメインの売買の価格が不可思議に上がる仕組みとページランクの虚偽がサイトで問題になっていましたね。別の言い方をすれば特殊な方法でページランクを上げて不当に中古ドメインの価格を上げて売買するビジネスもあったようです。

しかし、Googleは中古ドメインになった時点で評価をリセットすると過去既に宣言していたので本来は中古ドメインを購入する意味は無かったのです。しかしならがら優良な被リンクが残っている場合があり、その意味では使い方によって有効な中古ドメインもありました。

日本語圏では限られていますが、英語圏では中古ドメイン売買のツールも多く転売目的の中古ドメイン屋さんのビジネスにGoogleページランクが貢献していたことになります。その意味ではGoogleとしてはページランクを公表するよりも自社で正当なサイトの判定だけに役立てた方が良いと判断するのは理解できます。

Googleページランク表示廃止の意味

Googleの立場に立てば、正当なサイト運営者の励みにもなりえるページランクは公表して全体の活性化に役立てば良いと理想があったかもしれません。しかし、先に述べたように、一方でGoogleページランクを不当なSEO対策の道具にして「例えば中古ドメインの価格を不当に上げること」などがあればページランクそのものの意味を再考せざるを得ないでしょう。

普通にサイト運営する上においてはGoogleページランクなどは関係の無いことです。Googleページランクと言う一つのサイトの指標は見れなくなりましたが正しいサイト運営者には何ら影響しませんので安心ですね。

Googleがページランクの表示を廃止したことについてのまとめ

1、中古ドメイン売買で不当なGoogleページランクが無くなった。

2、SEO対策で不当なGoogleページランクが無くなった。

3、真面目なサイト運営者の指標が無くなったけれどGoogleページランクは公表されないだけで実際にGoogleはさらに高度なページランク評価を行っているので安心できる。

4、中古ドメインについては良質の被リンクの残っている優良中古ドメインもあるがGoogleページランクは一層に期待できなくなったのでリスクが多いと言わざるを得ない。

 

新規でドメイン取得するなら無料ビデオ動画を見てワードプレスが無料で使えるGDI7日間無料お試し期間を参考にする手もありますね。

 

GDIで新規ドメイン取得ならワードプレス無料

サブドメインでワードプレスのブログ無料で開設できます。

GDIでドメイン取得の場合はドメイン取得後に

新たにレンタルサーバーを契約する必要はありません。

GDIドメイン取得コチラを参照ください。

 

 

コメントを残す